Twitter 楽天Room

【ドイツ語B2】B1から1発で合格した勉強法〜期間は?独学でも合格できる?〜

こんにちはドイツ在住のぬこです!

今回は私がドイツ語B2に1発合格した方法をまとめます!

こんな人におすすめ!
  • ドイツ語を上達させたい!
  • ドイツ語の勉強方法が知りたい!
  • 今まさにドイツ語学校に通っている!
スポンサーリンク

試験結果

まずは私のB2試験結果です。

リスニングの点数が壊滅的に悪いです…

おそらくあと1問不正解だったら合格していなかったでしょう…

ギリギリでしたが無事にB2を1発合格できた方法を以下にまとめていきます!

Deutsch-Test für den Beruf B2

私が受験したのは「Deutsch-Test für den Beruf B2」という試験です。

ドイツで職に就くことを目的としたBAMFが移民に対して無料(または格安)で提供しているコースを受講した人が受けるテストです。

コースへの申し込み方法はこちらの記事でまとめています。

勉強期間は約5ヶ月!

私はBAMFが提供する「Berufssprachkurse B2」に約5ヶ月間通いました!

1日4時間、週5日の授業が約5ヶ月です。

B1に合格した人のみが受講できるコースで、400時間と500時間のカリキュラムがあります。

100時間の差は“B1テストの結果”によって決まり、この100時間では主にB1の復習が行われます。

B1テストの結果が良かった場合は自分で選択ができ、テスト結果が振るわなかった場合は自動的に500時間のコースに参加することになります。

私はB1試験が終わってからB2の勉強を始めるまで少し期間が空いたので500時間のコースを選択しました。

B1の勉強方法はこちらの記事でまとめています。

1日の勉強時間

私が通っていたコースは朝の9時から13時までみっちり授業。

宿題が出た日は家で30分~1時間ほどやっていました。

B1よりかなりレベルが上がったと感じていたので、テストの約2ヶ月前から授業のほかにテスト対策を始めました。(1日2時間程度)

試験内容や配点、合格基準などは以下のサイトで確認できます。

BAMF

リスニング

一番苦手意識のあったリスニング。

もうこれは「聞きまくる」しか対策はないと考えて、YouTubeにある模擬試験を聞きまくりました。

分からない単語はメモしてその都度調べる、聞き取れない部分は一度速度を落とす、とにかく数をこなす…

この辺りを意識してテスト対策をしていました。

あとはテスト当日の状況をできるだけ再現するために、イヤフォンではなくスピーカーで流して聞き取りしていました。

リーディング

これも結局は「たくさん文章を読む」というのが試験対策の一番の近道だと思います。

ただドイツ語の文章をやみくもに読むというのは非効率なので、模擬試験をたくさんこなしました

B1に比べて1文がかなり長くなります!語彙力ももちろん大事ですが、関係代名詞や副文など文法的な知識も必要になります。

日本語で書いてあっても紛らわしい言い方などをドイツ語で書かれるのでかなり苦戦しました…先生も模擬試験で間違えることがあるほど!

B1よりも語彙力が必要とされるのでTelcの公式サイトにある単語リストも参考にしていました!

Telc単語リスト

ライティング

B2におけるライティングテストは2種類あります。

ビジネスで使うようなフォーマルな文章と、職場で同僚に向けて使う比較的カジュアルな文章を書かなければいけません。

ここで問われるのは状況に応じた文法や動詞などを正しく活用できているかどうか。

フォーマルな文章であれば接続法Ⅱ式(Konjunktiv Ⅱ)がしっかり使えるかが超重要。

もうひとつの同僚に向けた文章は相手が複数になるため動詞や人称代名詞の活用が正しいかなどが問われます。

問題に沿った文章が書けていること、文法が正しく使えていることが主な採点基準のようです。

また書き出しや終わり方などはある程度テンプレート化されているので最低限の言い回しは覚えておきましょう。

私はネットや模擬試験の問題通りに文章を書いて学校の先生に添削してもらいました。

スピーキング

B1に比べてB2はスピーキングの割合が大きいです。

それだけ「ドイツ語を話せる」というのが重視されているのだと感じました。

1人でのプレゼンとパートナーとの会話が試験に含まれます。

パートナーは当日決まり、初対面の人とパートナーになりました。

自分の順番を待っている間にパートナーと軽く会話して、相手のドイツ語レベルやイントネーションなどを把握しておくのがおすすめ。

プレゼンの問題は決められたテーマの中からしか出ません。なので事前に台本を作って丸暗記していました。それでも本番では緊張して頭が真っ白になってしまうので、何度も練習することが大切です。

パートナーとの会話はしっかりコミュニケーションが取れているかが重視されていたと思います。一方的に話すのではなく相手に質問を投げかけたり、相手の回答に対してリアクションすることが大事です。

B2に合格する最速方法まとめ

B2は独学では難しいと感じたので短期間で習得したいなら、語学学校などで勉強することをおすすめします。

最短で合格するには…

  • 文法や動詞の活用を正しく身に着ける
  • 語彙を増やす
  • とにかく模擬試験を解きまくる

これらを毎日継続することです!

私は日本で買った参考書も活用していました!

複雑な文法などはやっぱり日本語で理解する方が定着します。

私の場合、B2コースではクラスメイトや先生にあまり恵まれなかったので「私は絶対に合格してやる!」という反骨精神?みたいなのが生まれ、それがいいモチベーションになりました。

本当にこれで語学力が伸びているのか!?と毎日不安でしたが、それを解決するのは「あきらめずにとにかくコツコツ続ける」しかありません。

少しでも参考になれば幸いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました